当院の矯正歯科治療

「餅は餅屋へ」。複数のドクターによる総合的な管理

当院では、複数のドクターがそれぞれの得意分野を生かして総合的に一人の患者さまのお口の中を管理するシステムを取っています。
歯列矯正においては、ほかの場所では矯正歯科医師を教育する立場にある矯正専門の医師を筆頭として、インプラントや口腔外科、歯科麻酔など各種の専門性を持つ6人の医師がディスカッションしながら、患者さまにとって最善の治療を行っています。

全体が噛み合うためには、抜歯する必要があるかもしれません

近年、歯列矯正の際に歯を抜かない「非抜歯矯正」を謳う医院が増えています。
永久歯は抜いてしまえば二度と生えてきませんから、抜かずに済むならそれに越したことはありません。
矯正は、ただ歯のガタガタを直すだけでなく、本来の目的は「全体が噛み合う」ことです。見た目がきれいでも、嚙み合わせに参加していない、実質的に宙に浮いた歯では意味がないといえます。

問題は、私たちは大人になるにつれ体が成長しますが、顔の大きさはさほど変わらないことにあります。子どものころから顎の成長を助けて歯列のアーチを広げられるかもしれませんが、大人であれば歯を抜いたり、場合によっては歯を削るという可能性が高くなります。
お子さまの場合でも、検査・分析をすることで「大人になっても顎のスペースは足りないままだな」といったことは推測が可能です。


当院では、もちろん意味のない抜歯は絶対に行いませんが、非抜歯にこだわりすぎないことも大切だと考えています。

 

症例はこちら

 

当院は、検査料を一度しかいただきません

できるかぎり最後まで、矯正をスタートした責任を負いたい。
そんな思いから、当院では追加の検査料も調整料もいただいていません。
歯列矯正の費用の中で、意外な落とし穴が「検査費用」や「調整費用」です。これは当初の料金表には出てこないもので、追加の検査や調整の必要に応じて代金を徴収する医院は数多くあります。
しかし当院では、一度検査を受けていただいた患者さまからは、たとえ数年経った後でも2度目以降の検査料は請求しません。矯正装置の調整費用も同様です。

マウスピース矯正も行っています

当院では、一般的なワイヤー矯正だけでなく、マウスピースを使用した矯正方法もお選びいただけます。

【準備矯正用 プレオルソ】
プレオルソは3才児から使える、やわらかいシリコン素材のマウスピースです。
お子さまの歯型を取ることなく、3タイプの型を簡単に調整することで装着していただけます。
しかし、3才のお子さまがマウスピースをすぐに装着してくれることは、まずまれなこと。当院では最初は30秒~1分だけの装着から始め、少しずつ時間を伸ばしていきます。
歯列矯正というだけでなく、お口の筋肉を鍛えてポカン口を防ぐものとしても有用です。

【成人矯正用 インビザライン】
永久歯となっている成人にお使いいただける矯正治療用マウスピースです。
患者さまに合わせて製作し、歯を動かす段階に従って付け替えていきます。
透明で外から目立ちにくいため、会話への支障はほとんどありません。また、異物の装着感がなく、お口の中の痛みもまずないといえます。
何より、お食事や歯磨き、お仕事での大事な会合などに合わせて自由に取り外しができることが大きな利点といえるでしょう。

side_inq01.png 8:45~12:00 13:45~17:00 17:00~19:00 土曜日は17:00まで 休診日:水曜・日曜・祝日