矯正をはじめる時期

歯列矯正はできるだけ「早めに」。でも「早すぎない」ことが大切

歯の矯正とはつまり、歯を「抜く」か「広げる」かによって並びを整えることにほかなりません。矯正するなら子どものうちにした方がいい、というのはそこに理由があります。
お子さまの歯や顎の骨の成長には個人差がありますので、一概に「○才から」とはいえません。ただ一般的に治療スタートに適した時期は6~7才ごろかなとお答えしています。

  • 顎の発育を利用することで、より簡単な装置で済む
  • まだ骨が固着していないので費用負担も少ない
  • 矯正後に後戻りしてしまう確率が低い

もちろん成人矯正でも、歯並びを整えることは十分に可能です。
ただ残念ながら、お子さまと比べて費用や期間、また装置による肉体的負担などがどうしても大きくなってしまうと言わざるをえません。
また、大人の方ですと、矯正より先に歯周病の治療や、矯正の邪魔となってしまう補綴物の撤去などを優先しなければならない場合も考えられます。

歯科医院の都合で子どもに負担をかけることはありません

お子さまの矯正は、基本は6才臼歯が生え揃って歯の型が取れるようになり、永久歯になるまでまだ時間がある6~7才がスタートに適した時期です。これより低年齢の3~4才では、お口の中にまともに装置が入りません。
しかし、なかには「今から始めた方がいい」と3~4才で矯正を開始しようとするドクターもいると思います。もちろんそれで上手くいくお子さまもいます。
ただ、当院は「それって、大半の子どもにとって意味がないのでは」という考え方です。
この時期はまだ装置など使わず、ご両親からの遺伝や環境などを考え、矯正スタート後の負担を少なくする方法を考えていきます。

矯正治療スタートの目安

歯列矯正を始めるには、6才臼歯が上下生え揃っていることが最低限必要です。ただ、決して焦って行う必要はありません。6~7才以降でも矯正をスタートすることは十分に可能です。
いずれにしても、「今すぐやろう」とは思っていない状態でも、早めに歯科医師に口腔内の管理をまかせることは非常に有効なことと断言します。

たとえば、指しゃぶりがいつまでもやめられないお子さまがいます。ひどいと、前歯が出っ張って歯列がV字型になってしまうことも。
すると、顎が変形してしまっているので外科的な手術が必要になるかもしれません。
これはあくまでも一つの例ですが、一度お口の中を見せていただければ、必ず将来に向けてお役に立つアドバイスができます。

 

ただし、3歳から始められる準備矯正もありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

プレオルソについて

side_inq01.png 8:45~12:00 13:45~17:00 17:00~19:00 土曜日は17:00まで 休診日:水曜・日曜・祝日